日馬富士の暴行の理由!育ったウランバートルはどんな街?

NO IMAGE
Pocket

横綱の日馬富士が貴ノ岩に暴行働いて休場になりましたねー
横綱の暴行ですからねー
危険ですね。

スポンサードリンク



日馬富士とは

本名 ダワーニャミーン・ビャンバドルジ

愛称はアマ

モンゴルのウランバートル出身

身長186センチ

体重137キロ

血液型o型

恵まれた肉体ですねー
しかし歴代の横綱からすると少し小ぶりなような気がしますね。
ですが実際に相撲の取り組みをみると足腰の強さといい
腕力といい圧巻の試合をしますね。
そんな日馬富士がなぜ?

理由は鳥取での巡業のあとに、
モンゴル人相撲取り同士で飲み会をしていたのですが
なんでも貴ノ岩が飲み会の途中にスマホをいじりながら
日馬富士の事をチラッとみたしぐさに苛立ち、

ビール瓶や灰皿、カラオケの機器、マイク、素手で
貴ノ岩の主に頭部を何度も殴ったとの事、
仲間が駆けつけた頃には貴ノ岩が血だらけで倒れていて
頭がパックリと割れていたらしいです。

スポンサードリンク



普通の人がやっても殺人沙汰になる話なのにそれを横綱がやるなんて考えただけでも恐ろしいですね。

現在貴ノ岩は医療用ホチキスで傷口を塞いでるとの事。

しかし驚くべきはこれだけやられて全治2週間だそうです。
二人とも人間じゃないですね。

そんな大惨事を起こした日馬富士の故郷は
モンゴルのウランバートル

どんな街で育ったのか気になったので調べました。


ウランバートルはモンゴルの首都で
夏は暑いですが
冬は超寒いです。
気温は夏が35度〜40度
冬はマイナス20〜30度まで下がります。

しかし体感温度はさほど寒く感じないので
いつのまにか体調を崩す場所です。

日本よりも乾燥しているので風邪を引きやすいです。
標高も1300メートルの位置にあります。

街並み自体も首都と言っても東京ほどは栄えてなく、
ビルの背も低いです。

食べ物や衛生面も日本ほど綺麗じゃないので、
街中で販売しているものを食べると腹を下す事もあります。行く時は薬を持っていきましょう。

気になる治安ですが

昼は全体的に温厚な人が多いのですが、
夜になると変な人がいっぱい出てくるらしいです。
これに関しては日本とも同じですね。

しかし外国人を排除しようとする人も多いので
夜に飲みすぎて大声で騒ぐと追い剥ぎにあうので注意が必要です。

サンサルトンネル付近は特にガラの悪い方が多いので気をつけましょう。

ナラントールマーケットはモンゴルでも有名な場所で
観光客が多く一見平和そうにみえますが、
人が多いぶんスリが大流行しているので注意です。
リュックしょって行くと気付いたら中身がなくなっていたりします。

混雑している中で体を押し付けられたら緊急警戒してください。

中々デンジャラスな街ですが日本も新宿や六本木も危ないですもんね。
やはり都市部危険ですね。

日馬富士も普通にしてると弟分思いのいい力士らしいのですが、お酒で暴れるのはダメですね。

今後どうなるかはまだ未定ですが、
二人とも仲良く相撲会に復帰する事を願います。

関係ないですが、稀勢の里頑張れ!

スポンサードリンク