30年以内に北海道で大地震が起きる確率40パーセント

Pocket

また恐ろしいニュースが入ってきました!
今日朝ごはん食べながらとくダネを見てたら

なんと30年以内に北海道で地震が起きる確率が

マックス40パーセントとの事です。

スポンサードリンク



現在日本では関西方面の南海トラフが30年以内に地震
の確率が70パーセントですが、
北海道も40パーセントですからね。

こりゃまずいですね。

日本の地震の周期は360年に一度大地震が起きてるらしいのですが、

今は前回の大地震から400年を超えてるとしていよいよマズい事になりそうです。

東日本で大打撃を受けたのにあれより凄いのが来られたら日本は沈没するかもしれないですね。

30年以内の地震の確率危険度ランキングで行くと、

・南海トラフ マグニチュード8.0〜9.0 70%

・千島海溝沿い マグニチュード8.8以上 40%

・三陸沖から房総沖マグニチュード8.6 30%

となっております。

今回騒がれている千島海溝の場所です。

この線の部分になにやら危険なプレートが潜んでいるとの事です。

もしここのプレートが崩れたら
専門家の話ですと、7〜40パーセントの確率で

360年に一回の超巨大地震が起きるとの事です。

スポンサードリンク



ここで地震が起きると警戒されるのはやはり津波です。

前回の東日本大震災の時は津波の高さがマックスで

30メートルから40メートルあったので、

もしそれを超える大震災が起きたとしたら、

もう防ぎきれないですよね。

北海道の右下の部分が全部ダメになると考えると、

釧路の港や根室も壊滅になります。

あとそれが起こる時期が問題ですね。

もし夏に超巨大地震が起きたとしたら

凄い被害です。で終わりですけど、

冬にもし起きたとしたらもうカオスですね。

恐らく雪で家の中でにいる人も潰されるし、

屋根の雪おろしをしていてそのまま落下をする可能性もあるし、

夏の被害の恐らく倍ぐらいの被害が出ると思います。

今のうちに政府の方で何か対策を打たないと危険ですね。

千島海溝付近に巨大堤防を建てるとか、

これから作る建物を全部耐震構造にするとか、

しかしいずれも有効的ではないですね。

やはり人間は自然には勝てないのでしょうか。

なによりも発生しない事を祈ります。

スポンサードリンク



タグ: