珍しい!一度は食べたい日本の郷土鍋!

Pocket

いやいや寒くて毎日家で鍋でもいいですな。
鍋と言えば皆さんどうしてますか?

自分で中のスープも作ってます?
それとも市販のやつで何かパックを買ってますか?

スポンサードリンク



でもだいたいパターンが決まってきませんか?
パックならキムチ鍋とか、とんこつとか、味噌とか

自分で作るにしても味噌とか、水炊き風にして、
ポン酢で食べるとか、

でも日本の文化の中にはもっと色々あります。
いわゆる郷土料理ってやつです!

その中の少しを今日は紹介します!

そずり鍋・・・・・・岡山県

そずり鍋はそずり肉といわれる牛の骨の周りについてる

肉を削ぎ落としそれを使って作る岡山県は津山地方の鍋

地元産のブランド牛「作州牛」をよく使う事多いとの事

削ぎ落とすことを岡山弁で「そずる」という事から

この名前がつきました。

味は醤油ベースのだしにゴボウなんかの野菜と豆腐を一緒に入れて煮込む。

それに牛肉の色々な部位を鍋の中に入れるため、

今までにない食感と、独特な濃厚な風味のスープが楽しめます。

一度岡山に行った時に食べたのですが、癖もなく
本当に美味しかったです。

じゃっぱ汁・・・・・・青森県

魚を三枚におろした時に残った、頭や内臓や骨などを入れます。
最近たまき回転寿司屋で聞きますが
いわゆる「あら汁」です。

じゃっぱは津軽弁で「雑把」
からきてます。

それだけじゃなく じゃがいもとかネギとか
様々なもの入れて作ります。

寿司屋で飲むあら汁よりも

じゃっぱ汁の方が味が濃厚で、

飲んでみるとなぜか健康的な感じがします。

これは地元だけじゃなくどの地方でも作れるので

みなさん一度チャレンジしてください。

スポンサードリンク



かぶす汁・・・・・富山県

ハワハギやカマスなどの旬の魚をぶつ切りにして入れた
味噌汁です。

富山県の氷見(ヒミ)地方の漁師達が朝ごはんとして食べていたのがはじまりです。

「かぶす」は漁の分け前という意味で、
昔は船上でとれたての魚を漁師達に現物支給したの名残とも言われています。

こちらも味噌汁にして食べるのが普通ですが、
魚からかなり出汁がでるので、

普通では中々味わえない代物となっています。

飛鳥汁・・・・・・奈良県

クリーミーです。

奈良地方に伝わる牛乳をベースにした鍋料理。

鶏がらスープに醤油、白味噌を入れて

鶏肉、ニンジン、ハクサイ、

なんかよく使われる鍋の具材に大量の牛乳を入れて仕上げます。

飛鳥時代に唐からきた渡来人の僧侶が
寒さをしのぐために、ヤギの乳で鍋料理をつくったのがはじまりです。

味に関してはとにかくクリーミーです。

これはどの地方でも作れる鍋なので一度試してみるといいです。

スポンサードリンク



浪速のジョー 辰吉丈一郎の心に刺さる名言。

新三郷のコストコに行ってきた!本当に安いのか!?評価!

腹筋バキバキアプリ!アブ・コアsworkitの凄い効果と評価!

サイの角は何できてるの?など今まで知らなかった動物の謎

世界一美味しい米が炊ける炊飯器バーミキュラライスポット!

タグ: