スマホ病。スマホのせいでイライラする。その理由と解消法。

Pocket

こんにちはー。
最近少し寒さが和らいできましたね。
しかし朝晩は相変わらず寒くて、
本当 死亡遊戯ですね。

さてさて表題の件ですが、
スマホの出現によって生活環境がガラリと変わりましたよねー

スポンサードリンク



でもなんか昔よりイライラしませんか?
私自身 確実に昔より
ストレスがたまって怒りの沸点が低くなっている気がします。

しかしその事に気ずき、ついにはその謎のイライラから解放されたので
今日はその原因と対処法を紹介します。

原因その1

ブルーライト

携帯の明かりが目に及ぼす影響がかなり凄いです。
パソコンやスマホから主に出ているこの光は普通の光とは違くて、見ているだけで、目が疲れるような仕様にはじめからなっています。

疲れやすくするだけならいいのですが、
それが原因で網膜が傷ついたり、
ドライアイになったりします。

近年ドライアイが原因で眼科に行く人がかなり急増してるいるとの事です。

最近目がやたらと霞むなーと思う方は、一度眼科に行った方がいいです。

放っておくと失明する可能性もあります。

対処法ですが、

あまりスマホを見ないに限りますが
アプリや調べ物やLINEやらでそれが難しいと言う方は
ずばりスマホの画面の明かりを暗くする。

寝る前の30分はスマホを触らない。

これをするだけでだいぶ変わります。

原因その2

猫背

これもかなり直した方がいいです。
スマホを触ると下を向くのでどうしても猫背になります。
面白いことに人間は猫背になっていい事など1つもありません。

別にいいじゃんなんて思うかもしれませんが
猫背になると内臓が潰れ様々な場所に悪影響を及ぼします。
その中でも一番影響があるのは腸です。
腸の第2の心臓とも呼ばれ、
腸の調子によって自分の調子が左右されると言っても過言ではありません。

あとはこれは謎なのですが、猫背になると自分に自信がなくなります。

成れの果ては自暴自棄になりイライラした後に鬱になる。

最近のスマホ鬱はこう言う流れなような気がします。

これの対処法はもうそのまま、

猫背をやめてシャキッと立つ。

筋トレをやり、主に背筋を鍛える。

肩甲骨のストレッチをする。

あとは顔をスマホに近づけるのではなく、

スマホを顔に近づけるようにする。

スポンサードリンク



原因その3

脳の休憩が少ない

脳の休憩つまりは睡眠です、

スマホの登場により余計な情報が多いですよねー。

SNSなんかラインのやりとりだけで充分。

睡眠時間削ってインスタ見て友達のケーキの画像とか見ても何も起きないですからねー。

昔の人がよく言ってましたよね。

早寝早起きしなさいとか。

あれはあながち間違ってないです。

あとスマホの出現により最近は暇と言う時間がなくなりました。
暇になればスマホでゲームやネットサーフィン、SNS

しかしちょっと前まで暇な時は、ぼーっとして

一点見て固まる人がいましたよね。

このぼーっとする行為が大事なんです。

ぼーっとしてる時は脳がおやすみモードになっています。
つまりぼーっとしてる時は脳が疲労してると言う事。

この行為がないので、現代人の脳は疲れきり、

イライラしたりするんですね。

この対処法はズバリ!

早く寝る。必要ない時はスマホを見る癖をやめる。

例えゲームでいい結果が出ても現実世界では何も変わりませんなのでゲームアプリをやめる。

スマホの出現によりストレス社会は確実に加速しています。
でも人間は弱い生き物ですから一度便利や快楽を味わうと中々やめられません。

ですがこのままではストレス社会がさらに加速して、
暴動や戦争が起きるかもしれません。

スポンサードリンク



便利の裏には心が安くなる。
それを理解して、今一度スマホとの付き合い方を見直していきましょう。

サイの角は何できてるの?など今まで知らなかった動物の謎

懐かしのスーファミの裏技ランキング!

腹筋バキバキアプリ!アブ・コアsworkitの凄い効果と評価!

小室哲哉引退!おすすめのピアノ曲!

世界一美味しい米が炊ける炊飯器バーミキュラライスポット!

 

 

 

 

タグ: