東京ベイ・シンフォニークルーズに実際に行ってきた!駐車場はここ!妊娠中でも大丈夫!

Pocket

こんにちは〜もう冬ですね。

この前東京ベイシンフォニークルーズに行ってきました。

これがまた最高でした!

今日は初めから終わりまで紹介します。

スポンサードリンク



案内書には駐車場がない為公共の交通機関をご利用下さいとなっていますが、

近くに駐車場はあります。

インターコンチネンタルホテルの下にタイムズの駐車場があります。

1時間600円です。
クルージングが2時間なので、だいたい3時間分の

1800円がかかります。

クルマを停めて歩いて7分ぐらいですかねー

見えてきました!

ここが入り口です。

左側にもう一つ水上バスの乗り場みたいな所があるので

間違えないように。

中に入って出航時間まで待つ事に。

この時間は船の写真とか撮れるので、
いっぱいとるいいですね。

ちなみに私は撮りませんでした笑

今回はサンセットクルーズなので、
夕方16:20に出航です。

呼ばれて中に入りこむ事に。
中に入ると大きなシャンデリアが

豪華ですねー!!

言われるがままに奥に進む事に

進んでいくと食事会場が見えてきました。
ここに入ると生のピアノの演奏で迎えてくれます。

雰囲気最高ですねー!!

これは席の画像です。

船の中も非常にに綺麗で文句のつけようがないですね。

今回はサンセットクルーズのフランス料理付きです

乗るだけじゃなくてせっかくなんでご飯もいただこうという事にしました。

こちらがそのコースのメニュー表です。

店員さんも圧がなく非常にいい接客をしてくれます。

飲み物を注文し、しばらくすると船が出港し出しました。

おおー動いたぞー笑

でもこの船大きいので全然ゆれないので
船酔いもしません。

うちの妻が現在妊娠4ヶ月目なので、

船で気持ち悪くならないかなーと思っていたのですが
全然大丈夫でした。

むしろいい気分転換になると言ってました。

ほどなくして、一つ目のメニューが

鱒マリネのミキュイ栗ムースを添えて。

さすがはフランス料理。

ミキュイってなんだ?って感じでしたけど。

味は最高!

手前にある黒いツブツブはキャビアです。

魚がこんなに柔らかくなるのかーって感じです。

そんなこんなでフジテレビが見えてきましたー

写真だと汚いですね笑

スポンサードリンク



べちゃくちゃ喋ってると二品目が

季節のブイヨンスープ

簡単に言うとミネストローネです。

ですがスープが綺麗で味にもコクがあり美味かったです

3品目

鮮魚のヴァプール柚子と塩麹を縫わせて

ヴァプールとは?

謎だらけですねー

この魚は鯛だと思われるのですが、

これもまた柔らかくて美味です。

ソースとの味がなんとも言えません。

合わせてパンも運ばれてきました。

これはみたまんまの味、普通にうまいパンです。

フランス料理なのでさすが!フランスパンがやってきましたね笑

そしてメインの4品目

国産牛のランプステーキ旬の野菜をそえて

今回妻の妊娠の事もあり事前しっかり焼いて下さいと注文しました。

しかし中が少しレアだった為、妻は少しだけ食べて
私はその残りもいただきました。

肉は超美味かったですが、やはり中までしっかり焼いて欲しかったです。

最後はデザート

パティシエ本日のスイーツバリエ

ケーキもさることながらこのアイスの味が格別です。

16:20〜17:20くらいが食事の時間でその後は自由時間

クルージングといえば外で海の風を感じるですよねー

さぁ外に出ましょう!

なにやら雰囲気のある階段がありますねー

またこの時期が気持ちいいんですよー

暑くもなく寒くもなく丁度いい温度の海風を浴びる事ができます。

一番上まで登ってみましょう

夜景が綺麗ですねー

これはレインボーブリッジです。

レインボーブリッジの下を通るのでこれがまた中々出来ない経験ですね。

これがレインボーブリッジの真下です。

まぁなんて事ないですかねー笑

そんなこんなでゴールに到着です。

今回の航路はこちら

なにやらハートの航路で回っていたんですねー

ロマンチックですね。

そしてこれが今回お世話になった
シンフォニークルーズ号です。

中々出来ない経験でしたけど、
是非夫婦やカップルで行ってみて下さい。

普段できない事をやるのっていいですね。

それではまた。

埼玉県民共済の提携結婚式場はこちら!

埼玉県民共済でブライダル!実際に行ってた!安い!

Abema TVで見られる大人向け恋愛バラエティおすすめ5選!

浪速のジョー 辰吉丈一郎の心に刺さる名言。

サイの角は何できてるの?など今まで知らなかった動物の謎

懐かしのスーファミの裏技ランキング!

小室哲哉引退!おすすめのピアノ曲!

 

 

 

 

タグ: